当院について About Us
  • 脳内チェックについて
  • 脳神経外科領域専門 セカンドオピニオンについて

診察のご案内

 
午前
午後  

午前:午前9時から昼12時
午後:午後2時から午後5時
※急患はいつでも診療いたします。

診察スケジュール

求人情報 私たちと一緒に働いてみませんか?

学会活動報告

論文発表

Journal of Neurosurgery 2009; 111: 423-430.
2). Da Silva AN, Nagayama K, Schlesinger D, Sheehan JP (The Lars Leksell Gamma Knife Center, Department of Neurosurgery, University of Virginia Health System) : Gamma Knife surgery for brain metastases from gastrointestinal cancer.
Journal of Neurosurgery 2009; 110: 547-552.
1). Da Silva AN, Nagayama K, Schlesinger D, Sheehan JP (The Lars Leksell Gamma Knife Center, Department of Neurosurgery, University of Virginia Health System) : Early brain tumor metastasis reduction following Gamma Knife surgery.
Vol 14 2171 - 2172 (2009)
野田茂穂、深作和明、医療画像データを用いた血流の三次元シミュレーション、計算工学
D Vol J92-D, pp 511 - 520
小林大祐、横田秀夫、森下壮一郎。深作和明、平岡和幸、野田茂穂、姫野龍太郎、経路ベース木構造による主幹側幹分岐型動脈の三次元構造の表現、電子通信情報学会論文誌
D Vol J92-D, pp 1643 - 1652
小林大祐、横田秀夫、森下壮一郎。深作和明、平岡和幸、野田茂穂、姫野龍太郎、動脈グラフの閉路の真偽判定法、電子通信情報学会論文誌

口演発表

2009.1.29 – 30 第24回日本静脈経腸栄養学会(鹿児島)
沖友 香 新妻咲子 奈良一成 深作和明 奈良春代 奈良大
経管栄養開始時の嘔吐予防に対する微温湯先行投与法の有効性
2009.2.4 – 6→2008年報 第38回日本神経放射線学会(水戸)
動脈瘤への流れとカテーテルの影響の解析 -安全な血管内治療を目指して-
深作 和明、小西 善史、新井 紀夫、鷹崎 悠一、高倉 葉子、新井 紀夫 奈良 一成、塩川 芳昭
Subtracted TOF MRA の試み
深作 和明1、根来 真2、小西 善史3、奈良 一成4、長谷部 隆博4、大野 晋吾4 永山 和樹4、野田 茂穂1、塩川 芳昭4
Mar 17 理研シンポジウム 和光
数値流体解析による脳血管病変の検討
深作和明、野田茂穂
Mar 20 - 22→2008年報 第38回日本脳卒中の外科学会
動脈瘤への流れとカテーテルの影響の解析 -安全な血管内治療を目指して-
小西 善史1、小西 善史1、深作 和明2、鷹崎 悠一3、新井 紀夫3、高倉 葉子3

コイル塞栓術後の再発動脈瘤の手術
塩川 芳昭1、栗田 浩樹1、佐藤 栄志1、小西 善史1、原田 洋一2、深作 和明3、奈良 一成
Mar 28 第31回中部地区脳神経血管内手術懇話会 名古屋
A Case of Dissections
深作和明、小西善史、奈良一成、大野晋吾、永山和樹、佐藤栄志、塩川芳昭
May 16 - 21, 2009 47th Annual Meeting & NER Foundation Symposium 2009 Vancouver, Canada
Measurement of Flow Speed of In Vitro Aneurysm Models with Coils Using Particle Image Velocimetry Matsumoto, K.1·Noda, S.2·Fukasaku, K.2·Himeno, R.2·Ohta, M.1
June 13 第20回 東京脳血管内治療研究会
Balloonを入れておいてよかった!?未破裂IC-PC動脈瘤の1例
大野晋吾、永山和樹、深作和明、奈良一成、佐野哲郎、小西善史
2009.6.4 - 5 第18回日本脳ドック学会総会 東京
脳動脈瘤検査における高解像度 MRA の有用性
深作 和明1、根来 真2、小西 善史3、奈良 一成4、長谷部 隆博4、大野 晋吾4 永山 和樹4、野田 茂穂1、塩川 芳昭4
2009.6.29 - 7.3 WFITN, World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology, Montreal, CANADA
Computational simulation of flow at bleb of aneurysms. FUKASAKU K.(1), NEGORO M.(2), KONISHI Y.(3), NODA S.(1), FUKUI K.(4), YOKOTA H.(1), HIMENO R.(1), NARA I.(5), OONO S.(5), NAGAYAMA K.(5), SHIOKAWA Y.(3)

High resolutional MR angiography for follow up of coil embolization of aneurysm - assessment of residual flow and coil deformity -. FUKASAKU K.(1), NEGORO M.(2), KONISHI Y.(3), NARA I.(4), HASEBE T.(5), OONO S.(4), NAGAYAMA K.(4), NODA S.(1), SHIOKAWA Y.(3)

Subtracted TOF MRA for detection of vasospasm FUKASAKU K.(1), NEGORO M.(2), KONISHI Y.(3), NODA S.(1), NARA I.(4), OONO S.(4), NAGAYAMA K.(4), SHIOKAWA Y.(3)
2009.7.11 第6回日本脳神経血管内治療学会関東地方会 東京
多発性動脈解離の一例
深作 和明、根来 真、小西 善史、奈良 一成、大野 晋吾、永山 和樹、塩川 芳昭

治療に難渋した頚動脈狭窄症の1例
大野晋吾、永山和樹、深作和明、奈良一成、小西善史
2009.7.18 第6回 Tokyo Stroke Intervention Seminar 東京
以前にコイルを留置されている症例での塞栓術 碑文谷病院脳神経外科
深作和明、根来 真、小西 善史、奈良 一成、大野 晋吾、永山 和樹、塩川 芳昭
Aug 5 - 7 The 6th International Intracranial Stent Meeting 2009, Sendai JAPAN
Computational Simulation of Flow at Bleb of Aneurysms Fukasaku K, Negoro M, Konishi Y, Noda S, HImeno R, Nara I and Shiokawa Y

Measurement of Flow Speed of In Vitro Aneurysm Models with Coils Using Particle Image Velocimetry (PIV) K. Matsumoto, S. Noda, K. Fukasaku, R. Himeno, M. Ohta

Virtual Intracraninal Stent Challenge Fukasaku K, Noda S
Oct 14 - 16 脳神経外科学会総会 東京
脳動脈瘤治療における高解像度 MRA の有用性
深作 和明1, 根来 真2, 小西 善史3, 野田 茂穂4, 永山 和樹1, 大野 晋吾2, 塩川 芳昭1

脳動脈瘤への血管内治療 -より安全な治療目指しての基礎研究-
小西 善史1, 深作 和明1, 新井 紀夫3, 高倉 葉子4

破裂脳動脈瘤患者における脳血管攣縮期の理学療法
飯田 祥1, 黒田 智也1, 大野 晋吾2, 永山 和樹2, 深作 和明2, 奈良 一成2

破裂解離性椎骨動脈瘤に対する脳血管内治療 -治療成績・問題点に関する検討-
佐藤 栄志1, 小西 善史1, 島田 篤2, 小松原 弘一郎3, 深作 和明4, 大野 晋吾4, 脊山 英徳1, 栗田 浩樹1, 塩川 芳昭1
Nov 19 - 21 日本脳神経血管内治療学会 富山
高解像度 T O F M R A によるコイル塞栓術後 follow up
深作 和明1,4,根来 真2,小西 善史3,大野 晋吾4,永山 和樹4,奈良 一成4,塩川 芳昭

脳動脈瘤コイル塞栓後の血流変化の計算機流体力学による評価
深作 和明1,5,根来 真2,小西 善史4,野田茂穂1,松本薫3,太田信3,奈良 一成5,塩川 芳昭4

Cerecyte coil による脳動脈瘤塞栓術
深作 和明1, 3, 根来 真2, 小西 善史4, 大野 晋吾1, 永山 和樹1, 奈良 一成1, 塩川 芳昭4

コイルを留置させた脳動脈瘤モデルでの血流の定量的測定法の開発
松本薫、野田茂穂、深作和明、姫野龍太郎、太田信

脳底動脈急性閉塞に伴う脳局所線溶療法
大野 晋吾, 永山 和樹, 深作 和明, 奈良 一成, 小西 善史

脳動脈瘤におけるコイル瘤内塞栓術 -実験的な最近のコイルの特徴-
小西善史、佐藤栄志、塩川芳昭、深作和明

破裂解離性椎骨動脈瘤に対する脳血管内治療:治療成績・問題点に関する検討
佐藤栄志、小西善史、脊山 英徳、栗田 浩樹、塩川 芳昭、島田 篤、小松原 弘一郎、大野 晋吾、深作 和明
平成21年11月20日 第25回日本脳神経血管内治療学会総会 富山
脳底動脈急性閉塞に対する脳局所血栓溶解療法
大野晋吾1、深作和明1、永山和樹1、奈良一成1、小西善史2(1碑文谷病院 脳神経外科、2杏林大学医学部 脳神経外科)

高解像度TOF MRAによるコイル塞栓術後follow up
深作和明1,4、根来 眞2、小西善史3、野田茂穂1、永山和樹4、大野晋吾4、奈良一成4、塩川芳昭3(1理化学研究所 生体シミュレーションチーム、2藤田保健衛生大学医学部 脳神経外科、3杏林大学医学部 脳神経外科、4碑文谷病院 脳神経外科)

Cerecyte coilsによる脳動脈瘤塞栓術
深作和明1,4、根来 眞2、小西善史3、大野晋吾4、永山和樹4、奈良一成4、塩川芳昭3(1理化学研究所 生体シミュレーションチーム、2藤田保健衛生大学医学部 脳神経外科、3杏林大学医学部 脳神経外科、4碑文谷病院 脳神経外科)
平成21年10月16日 第68回日本脳神経外科学会総会 東京
破裂脳動脈瘤患者における脳血管攣縮期の理学療法
飯田 祥1、黒田智也1、中田理沙1、小島朗子1、万谷乃亜1、大野晋吾2、永山和樹2、深作和明2、奈良一成2、塩川芳昭3(1碑文谷病院 リハビリテーション室、2碑文谷病院 脳神経外科、3杏林大学医学部 脳神経外科)
平成21年10月15日 第68回日本脳神経外科学会総会 東京
脳動脈瘤治療における高解像度MRAの有用性
深作和明1、奈良一成1、小西善史2、永山和樹1、大野晋吾1、塩川芳昭2(1碑文谷病院 脳神経外科、2杏林大学医学部 脳神経外科)
平成21年10月14日 第68回日本脳神経外科学会総会 東京
胃癌からの脳転移病変に対する定位放射線治療
永山和樹1,2、小林啓一2、中村正直2,3、栗田浩樹2、丸山啓介2、奈良一成1,2、戸成綾子4、楠田順子5、高山 誠4、塩川芳昭2(1碑文谷病院 脳神経外科、2杏林大学医学部 脳神経外科、3みたか中村脳神経外科クリニック、4杏林大学医学部 放射線医学教室、5南部地域病院 放射線科)
平成21年9月25日 第3回Round Table Meeting in MEGURO 東京
急性期脳卒中における不整脈
奈良一成1、大野晋吾1、永山和樹1、深作和明1、奈良春代2、奈良 大3 (1碑文谷病院 脳神経外科、2碑文谷病院 内科、3碑文谷病院 外科)
平成21年7月18日 第6回Tokyo Stroke Intervention Seminar 東京
以前にコイルを留置されている症例の塞栓術
深作和明1、大野晋吾1、永山和樹1、、奈良一成1、小西善史2 (1碑文谷病院 脳神経外科、2杏林大学医学部 脳神経外科)
平成21年7月17日 第18回日本定位放射線治療学会 仙台
胃癌からの脳転移病変に対する定位放射線治療
永山和樹1,2、小林啓一2、中村正直2,3、栗田浩樹2、丸山啓介2、奈良一成1,2、戸成綾子4、楠田順子5、高山 誠4、塩川芳昭2(1碑文谷病院 脳神経外科、2杏林大学医学部 脳神経外科、3みたか中村脳神経外科クリニック、4杏林大学医学部 放射線医学教室、5南部地域病院 放射線科)
平成21年7月11日 第6回日本脳神経血管内治療学会関東地方会 東京
多発性動脈解離の一例
深作和明1、大野晋吾1、永山和樹1、、奈良一成1、小西善史2 (1碑文谷病院 脳神経外科、2杏林大学医学部 脳神経外科)
平成21年7月11日 第6回日本脳神経血管内治療学会関東地方会 東京
治療に難渋した頚部内頸動脈狭窄症の1例
大野晋吾1、永山和樹1、深作和明1、奈良一成1、小西善史2 (1碑文谷病院 脳神経外科、2杏林大学医学部 脳神経外科)
平成21年6月13日 第20回東京脳血管内治療研究会 東京
Balloonを入れておいてよかった!?未破裂IC-PC動脈瘤の1例
大野晋吾1、永山和樹1、深作和明1、奈良一成1、佐野哲郎2、小西善史3 (1碑文谷病院 脳神経外科、2西東京中央総合病院 脳神経外科、3杏林大学医学部 脳神経外科)
平成21年6月4日 第18回日本脳ドック学会総会 東京
脳動脈瘤検査における高解像度MRAの有用性
深作和明1、奈良一成1、小西善史2、永山和樹1、大野晋吾1、塩川芳昭2(1碑文谷病院 脳神経外科、2杏林大学医学部 脳神経外科)
平成21年5月30日 第44回日本理学療法学術大会 東京
破裂脳動脈瘤患者における脳血管攣縮期の理学療法 ―重症度による検討―
飯田 祥1、黒田智也1、小島朗子1、中田理沙1、大野晋吾2、永山和樹2、深作和明2、奈良一成2(1碑文谷病院 リハビリテーション室、2碑文谷病院 脳神経外科)
平成21年5月29日 第8回日本頸部脳血管治療学会 小倉
内科的治療にて再発を繰り返し、頸動脈ステント留置が有効であった頸動脈狭窄症の1例
大野晋吾1、永山和樹1、深作和明1、奈良一成1、小西善史2(1碑文谷病院 脳神経外科、2杏林大学医学部 脳神経外科)
平成21年3月20日 第34回日本脳卒中学会総会(Stroke 2009) 島根
頭蓋内血腫が及ぼす破裂脳動脈瘤治療への影響
大野晋吾1、永山和樹1、深作和明1、奈良一成1、小西善史2、塩川芳昭2(1碑文谷病院 脳神経外科、2杏林大学医学部 脳神経外科)
平成21年2月14日 第17回Intravascular Neurosurgery Winter Seminar 赤倉
両側椎骨動脈解離性動脈瘤の1例
大野晋吾1、深作和明1、永山和樹1、奈良一成1、小西善史2(1碑文谷病院 脳神経外科、2杏林大学医学部 脳神経外科)
平成21年2月4日→2008年年報 第38回日本神経放射線学会 水戸
Subtracted TOF MRAの試み
深作和明1,4、根来 眞2、小西善史3、奈良一成4、長谷部隆博4、大野晋吾4、永山和樹4、野田茂穂1、塩川芳昭3(1理化学研究所 生体シミュレーションチーム、2藤田保健衛生大学医学部 脳神経外科、3杏林大学医学部 脳神経外科、4碑文谷病院 脳神経外科)

深作和明 口演

2009年3月17日 理研シンポジウム、和光
深作和明1、野田茂穂2(1碑文谷病院、2理化学研究所 生体力学シミュレーションユニット:数値流体解析による脳血管病変の検討
2009年3月28日 第31回中部地区脳神経血管内手術懇話会、名古屋市
深作和明1、小西善史、奈良一成1、大野晋吾1、永山和樹1、佐藤栄志、塩川芳昭(1碑文谷病院):A Case of Dissections.
May 16 - 21.2009 47th Annual Meeting & NER Foundation Symposium 2009 Vancouver, Canada
Matsumoto K1, Noda S2, Fukasaku K3, Himeno R2, Ohta M1(1 University of Tohoku, 2 RIKENComputational Biomechanics Unit, 3Himonya Hospital): Measurement of Flow Speed of In Vitro Aneurysm Models with Coils Using Particle Image Velocimetry.
2009年6月5日 第18回日本脳ドック学会総会、文京区
深作 和明1、根来 真2、小西 善史、奈良 一成3、長谷部 隆博3、大野 晋吾3 永山 和樹3、野田 茂穂1、塩川 芳昭(1理化学研究所 生体力学シミュレーションユニット、2藤田保健衛生大学、3碑文谷病院、):脳動脈瘤検査における高解像度 MRA の有用性
2009.6.29 - 7.3 WFITN,World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology,Montreal, CANADA
Fukasaku K1., Negoro M. 2, Konishi Y. Noda S. 1, Fukui K. 3,Yokota H1, Himeno R1, Nara I. 4, Oono S. 4, Nagayama K. 4 Shiokawa Y(1 RIKENComputational Biomechanics Unit, 2 University of Fujita Hoken,  3 Fukui Hospital,  4 Himonya Hospital):Computational simulation of flow at bleb of aneurysms.
2009.6.29 - 7.3 WFITN, World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology,Montreal, CANADA
Fukasaku K1, Negoro M. 2, Konishi Y. Noda S. 1, Nara I.3, Hasebe T3, Oono S3, Nagayama K. 3 Shiokawa Y(1 RIKENComputational Biomechanics Unit, 2 University of Fujita Hoken, 3Himonya Hospital): High resolutional MR angiography for follow up of coil embolization of aneurysm - assessment of residual flow and coil deformity -
2009.6.29 - 7.3 WFITN, World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology,Montreal, CANADA
Fukasaku K1., Negoro M. 2, Konishi Y. Noda S. 1, Nara I. 3, Oono S. 3 Nagayama K. 3 Shiokawa Y(1 RIKENComputational Biomechanics Unit, 2 University of Fujita Hoken,  3 Fukui Hospital,  3 Himonya Hospital): Subtracted TOF MRA for detection of vasospasm.
2009年7月11日 第6回日本脳神経血管内治療学会関東地方会、港区
深作 和明1、根来 真2、小西 善史、奈良 一成3、大野 晋吾3、永山 和樹3、塩川 芳昭(1理化学研究所 生体力学シミュレーションユニット、2藤田保健衛生大学、3碑文谷病院): 多発性動脈解離の一例
2009年7月18日 第6回 Tokyo Stroke Intervention Seminar 東京
深作 和明1、根来 真2、小西 善史、奈良 一成3、大野 晋吾3、永山 和樹3、塩川 芳昭(1理化学研究所 生体力学シミュレーションユニット、2藤田保健衛生大学、3碑文谷病院):以前にコイルを留置されている症例での塞栓術
Aug 5 – 7,2009 The 6th International Intracranial Stent Meeting 2009, Sendai
Fukasaku K1., Negoro M. 2, Konishi Y. Noda S. 1, Himeno R1, Nara I. 4, Shiokawa Y(1 RIKENComputational Biomechanics Unit, 2 University of Fujita Hoken,  3 Fukui Hospital,  4 Himonya Hospital):Computational Simulation of Flow at Bleb of Aneurysms.
Aug 5 – 7,2009 The 6th International Intracranial Stent Meeting 2009, Sendai
K. Matsumoto, S. Noda, K. Fukasaku, R. Himeno, M. Ohta:Measurement of Flow Speed of In Vitro Aneurysm Models with Coils Using Particle Image Velocimetry (PIV).
Aug 5 – 7,2009 The 6th International Intracranial Stent Meeting 2009, Sendai
Fukasaku K ,Noda S(RIKENComputational Biomechanics Unit) Virtual Intracraninal Stent Challenge.
2009年10月15日 第68回日本脳神経外科学会総会、新宿
深作和明(1碑文谷病院): 脳動脈瘤治療における高解像度 MRA の有用性.
2009年11月19-21日 第25回日本脳神経血管内治療学会、冨山
深作和明1、根来 真2、小西善史、永山和樹1、大野晋吾1、奈良一成1、塩川芳昭(1碑文谷病院、2藤田保健衛生大学):Cerecyte coilによる脳動脈瘤塞栓術.
2009年11月19-21日 第25回日本脳神経血管内治療学会、冨山
深作和明1、根来 真2、野田茂穂1、松本 薫4、大田 信3、奈良一成5、高木 周1、姫野龍太郎1(1理化学研究所 生体力学シミュレーションユニット、2藤田保健衛生大学、3東北大学液体化学研究所、4東北大学工学研究科、5碑文谷病院):脳動脈瘤コイル塞栓後の血流変化の計算機流体力学による評価
2009年11月19-21日 第25回日本脳神経血管内治療学会、冨山
深作和明1,3、、根来 真2、小西善史、野田茂穂1、永山和樹3、大野晋吾3、奈良一成3、塩川芳昭(1理化学研究所生体力学シミュレーション、2藤田保健衛生大学、3碑文谷病院):高解像度TOF MRAによるコイル塞栓術後follow up.
2009年11月19-21日 第25回日本脳神経血管内治療学会、冨山
松本薫、野田茂穂、深作和明、姫野龍太郎、太田信():コイルを留置させた脳動脈瘤モデルでの血流の定量的測定法の開発
2009年11月20日 第25回日本脳神経血管内治療学会総会、冨山
大野晋吾1、深作和明1、永山和樹1、奈良一成1、小西善史(1碑文谷病院 脳神経外科):脳底動脈急性閉塞に対する脳局所血栓溶解療法
2010年2月12日 第39回日本神経放射線学会、東京
深作和明,1,3、、根来 真2、小西善史、野田茂穂1、高木周1、奈良一成3、福井一裕4、塩川芳昭(1理化学研究所生体力学シミュレーション、2藤田保健衛生大学、3碑文谷病院、4福井脳神経外科):脳動脈瘤の瘤内流れに対するコイルの影響の計算機流体力学的評価
平成21年2月14日 第17回Intravascular Neurosurgery Winter Seminar 赤倉
深作和明,1,3、、根来 真2、小西善史、奈良一成3、大野晋吾3、永山和樹3、塩川芳昭(1理化学研究所生体力学シミュレーション、2藤田保健衛生大学、3碑文谷病院):前大脳動脈遠位部外傷性脳動脈瘤に対する血管内治療.  第39回日本神経放射線学会、東京、2010年2月13日. 7. 大野晋吾1、深作和明1、永山和樹1、奈良一成1、小西善史2(1碑文谷病院 脳神経外科、2杏林大学医学部 脳神経外科): 両側椎骨動脈解離性動脈瘤の1例

深作和明 論文

Vol 14 171 - 2172 (2009)
野田茂穂、深作和明、医療画像データを用いた血流の三次元シミュレーション、計算工学
D Vol J92-D, p 511 – 520
小林大祐、横田秀夫、森下壮一郎。深作和明、平岡和幸、野田茂穂、姫野龍太郎、経路ベース木造による主幹側幹分岐型動脈の三次元構造の表現、電子通信情報学会論文誌
D Vol J92-D, pp 1643 - 1652
小林大祐、横田秀夫、森下壮一郎。深作和明、平岡和幸、野田茂穂、姫野龍太郎、動脈グラフの 路の真偽判定法、電子通信情報学会論文誌

奈良一成 口演

2009年1月29 – 30日 第24回日本静脈経腸栄養学会、鹿児島
沖友 香 新妻咲子 奈良一成 深作和明 奈良春代 奈良大(碑文谷病院):経管栄養開始時の嘔吐予防に対する微温湯先行投与法の有効性
平成21年9月25日 第3回Round Table Meeting in MEGURO 東京
2. 奈良一成1、大野晋吾1、永山和樹1、深作和明1、奈良春代2、奈良 大3 (1碑文谷病院 脳神経外科、2碑文谷病院 内科、3碑文谷病院 外科):急性期脳卒中における不整脈

永山和樹 口演

平成21年3月20日 第34回日本脳卒中学会総会、松江
大野晋吾1、永山和樹1、深作和明1、奈良一成1、小西善史2、塩川芳昭2(1碑文谷病院 脳神経外科、2杏林大学医学部 脳神経外科): 頭蓋内血腫が及ぼす破裂脳動脈瘤治療への影響
平成21年5月29日 第8回日本頸部脳血管治療学会 小倉
大野晋吾1、永山和樹1、深作和明1、奈良一成1、小西善史2(1碑文谷病院 脳神経外科、2杏林大学医学部 脳神経外科): 内科的治療にて再発を繰り返し、頸動脈ステント留置が有効であった頸動脈狭窄症の1例
平成21年5月30日 第44回日本理学療法学術大会 東京
飯田 祥1、黒田智也1、小島朗子1、中田理沙1、大野晋吾2、永山和樹2、深作和明2、奈良一成2(1碑文谷病院 リハビリテーション室、2碑文谷病院 脳神経外科):破裂脳動脈瘤患者における脳血管攣縮期の理学療法 ―重症度による検討
2009年6月13日 第20回 東京脳血管内治療研究会、東京
大野晋吾、永山和樹1、深作和明1、奈良一成1、佐野哲郎、小西善史(1碑文谷病院 脳神経外科):Balloonを入れておいてよかった!?未破裂IC-PC動脈瘤の1例
2009年7月11日 第6回日本脳神経血管内治療学会関東地方会、港区
大野晋吾1、永山和樹1、深作和明1、奈良一成1、小西善史(1碑文谷病院 脳神経外科):治療に難渋した頚動脈狭窄症の1例
2009年7月17日 第6回日本脳第18回日本定位放射線治療学会、仙台
永山和樹1、小林啓一、中村正直2、栗田浩樹、丸山啓介、奈良一成1、戸成綾子3、楠田順子4、高山 誠3、塩川芳昭(1碑文谷病院 脳神経外科、2みたか中村脳神経外科クリニック、3杏林大学 放射線医学教室、4南部地域病院 放射線科):胃癌からの脳転移病変に対する定位放射線治療
2009年5月29日 第8回日本頸部脳血管治療学会、北九州
大野晋吾1、永山和樹1、深作和明1、奈良一成1、小西善史、(1碑文谷病院 脳神経外科):内科的治療にて再発を繰り返し、頸動脈ステント留置が有効であった頸動脈狭窄症の1例
2009年10月14-6日 第68回日本脳神経外科学会総会、新宿区
永山和樹1、小林啓一、中村正直2、栗田浩樹、丸山啓介、奈良一成1、戸成綾子3、楠田順子4、高山 誠3、塩川芳昭(1碑文谷病院 脳神経外科、2みたか中村脳神経外科クリニック、3杏林大学 放射線医学教室、4南部地域病院 放射線科):破裂脳動脈瘤患者における脳血管攣縮期の理学療法
2009年10月14-6日 第68回日本脳神経外科学会総会、新宿区
飯田 祥、黒田智也、大野晋吾、永山和樹、深作和明、奈良一成(碑文谷病院 脳神経外科):胃癌からの脳転移病変に対する定位放射線治療
2009年11月19-21日 第25回日本脳神経血管内治療学会、冨山
4. 大野晋吾1、永山和樹14、深作和明1、奈良一成1、小西善史(1碑文谷病院):脳底動脈急性閉塞に対する脳局所血栓溶解療法

永山和樹 論文

Journal of Neurosurgery 2009; 110: 547-552.
Da Silva AN, Nagayama K, Schlesinger D, Sheehan JP (The Lars Leksell Gamma Knife Center, Department of Neurosurgery, University of Virginia Health System) :Early brain tumor metastasis reduction following Gamma Knife surgery.
2009年6月13日 第20回東京脳血管内治療研究会、文京区
大野晋吾1、永山和樹1、深作和明1、奈良一成1、佐野哲郎2、小西善史(1碑文谷病院、2西東京中央病):Balloonを入れておいてよかった!?未破裂IC-PC動脈瘤の1例
Journal of Neurosurgery 2009; 111: 423-430.
3. Da Silva AN, Nagayama K, Schlesinger D, Sheehan JP (The Lars Leksell Gamma Knife Center, Department of Neurosurgery, University of Virginia Health System) :Gamma Knife surgery for brain metastases from gastrointestinal cancer.
ページトップ